金沢建設業協会 デザインアワード
DESIGN AWARD
実際に計画されている建物の設計
高校生による設計コンペ
ホーム > 金沢建設業協会 デザインアワード

デザインアワードとは

 デザインアワードは(一社)金沢建設業協会青年委員会が金沢市立工業高等学校の建築科3年生の生徒を対象に、ものづくりの”楽しさ” ”素晴らしさ” ”大切さ” ”難しさ”を感じてもらうとともに自分が設計した作品への想い、考え方を第三者に伝える設計コンぺです。

 架空の建物を設計するのではなく、金沢市に協力頂き、実際に計画されている建物を生徒達に設計してもらいます。

 審査方法は1次審査と2次審査があり、1次審査でデザイン性や実現性、面積計算の正確さ等を審査し、2次審査では自分が設計した作品について約3分間のプレゼンテーションを行い、優秀な作品を表彰しております。

 2013年に第1回デザインアワードを開催してから毎年開催しており過去には最優秀作品のデザインを実際に一部取り入れて建てられた建物もあります。

WORKS DESIGN AWARD

デザインアワード過去の作品

デザインケース

2013年度 第1回 公園の公衆トイレ
2014年度 第2回 長屋の木造公営住宅(内灘町白帆台)
2015年度 第3回 公衆トイレ(児童公園内)
2016年度 第4回 公衆トイレ(長町緑地)
2017年度 第5回 公衆トイレ(新保本町中央公園)
2018年度 第6回 公衆トイレ(糸田第1児童公園)
2019年度 第7回 公衆トイレ(玉鉾公園)
2020年度 第8回 公衆トイレ(松島町西公園)